老化が引き起こすホルモンバランスの乱れが精力減衰の主な原因と言われています。

MENU

精力が減退する理由

 

精力が減退する理由は大きく分けて身体的な原因と精神的な要因の2種類に分類されます。
回数が減っている場合は男性側の勃起力低下など身体的な原因になりますが、長期間セックスをしていない場合は精神的な要因の可能性が高いです。
ただし、年齢とともに身体と精神の双方で精力衰退をしていくので、まずは身体的な原因から改善させることも大切です。

 

セックスするためには心身の余裕が必要

 

セックスはスポーツとも呼ばれていて、行為をするには体力が必要です。
疲れていると、セックスの快感よりも身体を休めることを優先させようとしてしまいます。

 

子供ができたことを要因にセックスレスになる夫婦が多いのは、子育てによって男女ともにセックスをしている余裕がなくなるからです。
セックスレスを解消したいのであれば、夫が仕事から帰ってきたらスムーズに風呂と入浴をできる環境を用意したり、疲労回復効果のあるスタミナ食材での料理、マッサージなどをしてあげましょう。

女性側からセックスの誘いがなくなった場合は、家事や子育てを手伝う協力体制を取りましょう。

 

老化によって精力が減退する理由

 

  • 血流の悪化
  • 精力に必要な栄養不足
  • ホルモンバランスの乱れ

 

上記3点が主な要因です。
人間は誰でも最終的には老化で性機能を失います。
しかし、現役でいられる年齢には格差が大きく、60代でも現役の人もいれば30代でEDになったり、40代で生理のこなくなってしまうことがあります。
精力の減退は後天的な影響が大きく、取り組みや生活習慣次第で老化による精力低下を遅らせたり回復させることができます。

 

セックスレスの場合はパートナーとのマンネリ化によるものですが、性欲を発散させる機会や意欲が少なくなっていると恋人のいない独り身の人よりも精力の減退が早くなってしまうことがあります。
今のパートナーとセックスすることに魅力がなくなっても、長い期間現役でいたいのであればセックスレス解消に取り組んでください。

 

栄養の吸収効率悪化とホルモンバランスの乱れ

 

栄養バランスの良い食事

歳を取ると食生活が乱れがちです。実家で毎日自炊をしていれば栄養バランスの良い食事を摂れますが、社会人になると外食が増えたりインスタント、レトルト食品を食べる機会が増えます。
20代から30代にかけては栄養バランスが悪くなりやすい時期で、さらに歳とともに栄養を吸収する能力も低下します。
仮に若い頃と同じ規則正しい生活をしていても加齢とともに精力は衰退しますし、そこから栄養補給が足りなければ精力減退スピードを加速させます。
老化による精力減退を予防するには若い頃以上に必要な栄養補給をしたり吸収効率を高める工夫をする必要があります。

 

必要な栄養が足りないと、血流の悪化やホルモンバランスの乱れにも繋がっていきます。
食事のほかに運動や睡眠、ストレス発散が精力衰退を予防する手段ですが、根本的に老化とともに精力衰退をしやすい身体になっていきます。
身体が求める改善策の重要性が年齢とともに高まっていくことを理解しておきましょう。

 

運動は精力回復になるか