セックスレスにならないためにはセックス自体を習慣にするのが最も近道です。

MENU

セックスレスを防ぐ習慣

一緒に寝る

夫婦別々に寝ているのであれば、それはセックスレスに繋がる可能性があります。
理想は一緒に寝ることで、これによって、短時間でも二人きりの時間が生まれます。

 

例え子供がいて一緒に寝ていても、この時だけは夫婦の会話ができますし、甘い雰囲気も生まれます。

 

疲労している場合、お互い一人で寝たいと思いがちですが、それを避け一緒に寝ることでセックスレスの防止になりますし、
ムードによっては、そこからセックスが始まることだってあるのです。
また、セックスをしなくても、手を繋いだりキスをするなど、少しイチャイチャしてから寝るのもいいですね。

 

 

セックス自体を習慣化させる

セックスを習慣化

セックスをするタイミングを習慣化すれば、疲労や状況関係なしでセックスできるため、必然的にセックスレスの防止になります。

 

例えば週末は必ずセックスすると決めれば、週に一回はセックスできるわけですし、
セックスの日を決めることでお互いそれに合わせた体調管理もできます。

 

やりたい時にやるというスタイルは、一見セックスが盛んな夫婦に思えますが、
やりたくない気分が続けばその分期間が空いてしまうため、結果的にセックスになりやすいのです。
何曜日でもいいので、できれば最低週一回、セックスをする日というのを作ってみてください。

 

 

刺激的なセックスをする

愛情たっぷりのセックスもいいですが、時には刺激ある淫らなセックスをしてみるのも効果的です。
マンネリ防止にもなる上、いつも以上の快感を得られるため、セックスにハマるきっかけにもなってくれます。
プレイ自体を濃厚に行ってもいいですし、コスプレや軽いSMなど、マニアックなプレイもおススメです。

 

また、プレイの工夫が思いつかなければ、セックスするタイミングを変えるだけでも効果があります。

 

例えば休みの朝にセックスすれば、いつもと違って明るく、お互いの裸もハッキリと見えます。
これが刺激にもなりますし、雰囲気自体いつもと異なるため、新鮮なセックスが堪能できるのです。

 

 

********************************************************************

 

 

セックスレスを防ぐ方法は、大まかに分けて二つあります。

 

一つはセックスする機会が生まれる状況を多く作ること、もう一つはセックス自体を楽しむことです。
これらを満たす方法があれば、積極的にそれを取り入れてみてください。

 

子供ができた事によるセックスレスについてはこちら